中高一貫校がますます大学受験で有利なワケ

東洋経済ONLINEで興味ふかい記事があったので引用します。

今年も中学受験のシーズンが終わった。終わったそばから気の早い話に聞こえるかも知れないが、2015年に私立や国公立の中学受験に挑んだ今の小学6年生が、高校卒業を目前にする頃の2021年の大学入試から、センター試験が廃止されることがほぼ決まっている。代わりに2段階の「到達度テスト」が実施されるというのが、現時点での見込みだ。




国公立大学の2次試験においては、いわゆる「脱ペーパーテスト」へという青写真が描かれている。大学入試が脱ペーパーテスト化すれば、これまで高い大学進学実績を誇っていた中高一貫校が凋落するのではないかという憶測もあるようだが、多分そうはならない。結論から言えば、この大学入試改革は、中学受験に合格して、この春、中高一貫校に進学する子どもたちに有利に働きそうだ。
http://toyokeizai.net/articles/-/60393

posted by スクエアデザイア at 07:45 | Comment(0) | 中学受験〜親の気持ち〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学受験前に、オープンスクール体験がおすすめです

最近は、オープンスクールを開く中学校もあります。

学校説明会が保護者の為であるのに対し、

オープンスクールとは、児童の為に開かれるものです。

授業を見学したり、在校生と触れ合ってみたりと、学校の雰囲気に触れることができます。

子供が参加することにより、中学校への理解が深まりますね。

親としても、外からではわからない生徒さんや先生の内面を知る良い機会です。

その時、学校の本当の姿を知る為のポイントとしてよく言われているのが、

<トイレを見ること>

トイレが汚い学校は、生徒の心が荒れている、と見ることもできます。

ただ、オープンスクールを実施するような学校でトイレが汚い学校はまずないでしょう。

トイレが汚いようでは、その学校に子供を入学させる気にはならないですよね。

学校側もそのことはよくわかっているのでしょう。

ですから、トイレをチェックするよりのはもとより、

<壁に靴跡がついていないかどうか>

を確認するのもよいでしょう。

壁を蹴るような生徒さんが多くいるような学校は要注意のように思われます。

とにかく、オープンスクールのメリットは、良い所も悪い所も含めて自身の目で確かめられる事。

小学校4年生くらいから、機会があれば親子でオープンスクール周りをするのも良いと思います。

親子で一緒にあれこれ体験しながら、一緒に志望校を探していくのも楽しいものですよ。



posted by スクエアデザイア at 06:49 | Comment(0) | 中学受験〜親の気持ち〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫婦げんかは一番の敵

中学受験前の冬休みは、夫婦げんかが多くなるというデータがあります。

親の不安や焦りが、子供以上に募ってしまいがちだからなのでしょう。

また、年末年始は、父親が会社がお休みで家にいることも多いです。

中学受験を支える家庭の多くは母親が中心となってます。

母親が腹を立てるポイントはいくつかあり、その中でも

・たまの休みに急に父親が張り切って勉強に口を出す

・家にいるのに中学受験に無関心

という両極端の二つが大きなポイントのようです。

両親がけんかなんてしていたら、とても受験勉強に集中なんて出来ません。

子供が気持ちよく中学受験にのぞめるように、いつも以上に父親は

<よき夫、よき父親>

になってほしいものです。

お母さんのよきサポート役として、お母さんの頑張りを認めてあげましょう。


posted by スクエアデザイア at 06:35 | Comment(0) | 中学受験〜親の気持ち〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学受験にかかる費用

中学受験を目指すにあたって避けて通れない現実問題があります。

お金はどの位かかるのか。

目安は、小学4年生から6年生の受験前まで進学塾に通わせたとして

200万円が目安だそうです。

中学受験・入学にかかるお金

子供の教育費に糸目はつけない、と胸を張って言えるご家庭はよいですが、そうでない場合には

けっこうな金額ですよね。

ここに問題が生じる場合があります。

お金をかけているんだから頑張って!

というプレッシャーを子供にかけていないか?

正直、子供にはそんなことわかりません。というか、わからせたくないですよね。

でも、きれいごとではなく、中学受験にはお金がかかります。

子供も大変ですが、親も大変。

でも、親の役割は、気持ちよく中学受験にのぞませてあげることです。

子供の前では、堂々としていたいものですね。
タグ:中学受験
posted by スクエアデザイア at 06:10 | Comment(0) | 中学受験〜親の気持ち〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学受験で、親子の絆は深まります

中学受験に向けて頑張っている親の気持ちは、時に強迫観念に駆られることがあります。

「不合格だったらどうしよう・・・」

この不安は誰しもが抱えるものですよね。

でもこればっかりは、受験が終わるまでには神様にしかわかりません。

親にできるのは、子供を支えてあげること。

子供と共に、頑張っていくことです。

中学受験を経験した親子は、結果はともかくとして、そうでない親子よりも濃密な親子関係

が築けると思います。

中学受験に万が一失敗したとしても、子供との良好な関係を築けるのなら、決して無駄では

ないですよね。

でも、もちろん、合格することがベストには違いありません。

そのためにも、子供にとって一番良い学習方法を見極めることが、親の大事な役目です。

学習塾や、家庭教師、自分の子供にとって最適な中学受験に合格するための勉強方法はなにか?

絶対に後悔しない中学入試の受け方
このサイトが、子供に合った学習方法を考える参考になれば幸いです。

posted by スクエアデザイア at 06:01 | Comment(0) | 中学受験〜親の気持ち〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。